松楠ーHEADROOM

何でもは書かないよ? 書きたい事だけ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新型「トヨタ・ポルテ」乗って来ました!(前編)

トヨタの新型コンパクトカー「ポルテ」に乗ってきました。

ただ、このクルマ、一概に評価するには両極端な面があり、思う所あって「前・後編」に分けて書いてみます。

先代から少し全高を低くなったけど、ハイト系コンパクトに分類されるポルテの大きな特徴は「助手席スライド
ドア」。FMCにより、右リアにもスイングドアが追加され、変則的4ドアというスタイルは独特なモノ。

そういった背景を踏まえての「前編」は、少々ネガティブに感じた事から。

DSC01513.jpg

フロントシートに収まってみてのインパネの雑感。「落ち着けない(笑)」
センターメーターからナビ、インパネシフトの隣に空調系スイッチが縦一直線に並んでいるものの、視認性は?
全体的に直立した感のあるセンタークラスターは圧迫感がある上、各メーターの表記文字が小さく、ぱっと見で
は認識しづらい面があり、特に空調スイッチはシフトノブに隠れる感じで、ブラインド操作はほぼ不可能。
手は届くものの、頻繁に操作しないと開発陣は判断したのか?
そして、そのシフトノブも位置はいいが、角度が立っていて手首をねじって操作しないといけない感じ。

もうちょい、インパネフェイスを寝かせてくれたら良かったのに。

DSC01523.jpg

あと、内装色は暖色系のプラムと明るめのフロマージュが選べるものの、各パーツの質感が統一されていず、
とにかくプラスチッキーな印象が強い。あと収納空間が多いのはいいのですが、これ意地悪な言い方をすれば
「デッドスペースが多い」と同じ意味。

特にステアリングの真ん前の特等席にポカンと開いたスペース。
ポーチやキーケース等の小物収納スペースとの事ですが、こんな所にモノ入れてて、何かの弾みに飛び出せば
ドライバーの足元フロアに落ちて危ないのでは?それに気を取られ、前方不注意になる可能性も否定できない。

あと、ステアリングコラムの前にある丸いポッチ。
これ、写真立てだそうで、お気に入りの写真やポストカードを挿して使うそうで・・・全くもって意味不明(笑)

DSC01528.jpg

ま、それはさて置き、試乗となり、用意されたのは「1.5LのGグレード」
最上級グレードとあって、革巻ステアリングや、オートエアコンなどの充実装備モデル。
コンパクトモデルながら、大きめのフロントシートはゆったりとして快適そうな感じと、ドラポジを合わせよう
としたら・・・なかなか合わない(´・ω・`)

いつも通り深く腰掛け、シート座面を前に出し、シートバックを立てたスタイルを取ると、足元のペダルはいいが
ステアリングがかなり近い。
あれ?とシートを下げるとステアリングはいいが、ペダルが遠い。
では、と再びシートを前にシートバックを寝かせると、ちょっとマシ。
でもこれじゃ、アップライトな姿勢が取れず、なんか違和感。

要はトゥーボードは浅いんだけど、ステアリングコラムの位置が低く迫っている感じ。
シートを前にして、わずかにチルトするステアリングでなんとか妥協。
でもやっぱりアップライトな姿勢が欲しいので、シートアジャスターを一番上に。
すると、ステアリング位置が胸よりやや下に。

極端に例えると、普通のクルマでステアリングを「アナログ時計の4時40分」の位置で持った感じが
ポルテのステアリングの「10時10分」になる感じ。
なんか、すごい下でステアリング握ってるので、これちょっとなんか変(´・ω・`)

あれこれ考えたら、一番しっくりきそうな体勢は「シートに浅く腰掛け、ステアリングを抱えるような姿勢」
よく初心者や若いお姉さんがやらかしてる姿勢なワケですわ。
これって、いざって時の回避体勢も取れないし、シートバックから背中が離れるので、非常に危険。

ワタシの身長は約166センチで、割と小柄な方。
それでもきちんとした姿勢が保てないのはちょっとどころか、かなり問題なのでは?

ペダルとステアリングとシートの位置関係が破綻しているのは、コストの関係からかシャシー・ベースのラク
ティス(ヴィッツ)のバルクヘッドから出るペダルとステアリングコラムの位置は変えられず、シート位置だけ
上げた為だと推察(違ったらごめんなさい)

低いインパネからのルーミーな景色はいいが、その代償はかなり大きいモノとなった様です(´・ω・`)

DSC01518.jpg

まあ、それでも走り出せる姿勢にはなったので、スタートプッシュボタンを押し、足踏みパーキングブレーキを
解除。
するりとスムーズに走り出せる1.5Lの「1NZ-FE+Super CVT-i」は、カローラ系のドライブトレーンの流用で、
トヨタの最新汎用ユニット。

雑味のない乗り味は静粛性も高く、開口部の多いコンパクトカーとは思えないぐらい快適。
交差点でも懸念された「ねじれ」は感じられず、きちんと走れる様になっていたのは意外。

OEMタイヤは15インチの「TOYO-J57」、エコ指向のタイヤですが、クセのない滑らかな印象。
ただしこれはポルテの車体との兼ね合いもあるのか、やや全体的に「ゆるさ」は感じる程度。
タイヤに関しては接地感の不足もなく、BS/ecopiaよりはずっとマシ(笑)

このクルマで限界攻める方はいないと思われますが(笑)、オプションの16インチアルミに「ファルケン・
ZIEX ZE912」を選択できますので、スポーツコンフォート系を求める方はどうぞ。
ドラポジ取れないので、それどころではないでしょうが(^^ゞ

残りの試乗感とか、ユーティリティは「後半」にてお送りします。 続くー!

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/09/15(土) 00:16:10|
  2. クルマ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新型「トヨタ・ポルテ」乗って来ました!(後編) | ホーム | 新型「トヨタ・オーリス」乗って来た!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://midmaxheadroom.blog70.fc2.com/tb.php/1336-0893202e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

当ブログはリンクフリーです。よろしければバナー画像をお使い下さい。

松楠ーHEADROOM

松楠 御堂

Author:松楠 御堂
HA-HA-HA-!!
This is "OBAKA" Blog 
Comic and etc...
S-S-Start Here !! 
Prodused By
[GOKURAKU-Creation]

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

フリーエリア

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

商品一覧

メールフォーム

松楠ーHEADROOM

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

Monthly Archives

FC2カウンター

blogram投票ボタン