松楠ーHEADROOM

何でもは書かないよ? 書きたい事だけ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新型「プジョー・508」乗って来た!

新型「プジョー・508」に乗ってきました。

Dセグ・フルサイズ・クラスでもエンジンの小排気量+ターボがメインとなってきている今日。
各メーカー、いかに工夫しながらのラインアップ。

プジョーのフラッグシップとしてのモデルチェンジだけにその真価が問われます。

写真はSW、輸入ステーションワゴンとしての風格はありました。

DSC00677.jpg

伸びやかに流れる様なデザインは以前ほどにアクの強いモノではなく、実に秀麗。
シンプルなウインドウ・グラフィックに、張りのある面と線の組み合わせ。
いい感じのデザイン・コンシャスなフレンチスタイル。

DSC00671.jpg

インパネもシンプルながら色気のある柔らかな印象。
ナビ標準とあってオプションいらず。
SWはグラスルーフも標準なので、室内は明るく広く、居心地のいい空間。

DSC00673.jpg

ラゲッジルームも充分に広くて使い心地は良さげ。
フロア下はフルサイズスペアタイヤが入っていて、小物入れには使えませんが、安心と引き替えなのでこれで良し。

後席にもエアコン調整が付き、フロント電動シートなど、ベースモデルでも充分な装備はフラッグシップの面目が
立ってます。

DSC00672.jpg

DSC00623.jpg

そしてやはり話題はエンジン。
1.6リッター+ツインターボに6速トルコンATと、ベースシャシーの軽量化とコストパフォーマンスを詰めた
ボディの組み合わせ。

安心感のある走りがその先にありました。

ぶっちゃけエンジンはBMW・MINIやCセグの308と同じなんです(笑)

だが、きちんと躾けられた足回りとスムーズなAT制御のおかげで、その印象は実に良い感じ。
アクセル・ワークに沿うレスポンスで、加速感があり、車体の大きさを感じさせない感覚。
パサートとは違うのだよ(笑)

すいすい走る軽快感さと、落ち着いた操舵感が同居するのでDセグとは思えない爽快感。

試乗車は実はセダンでしたが、おおむねSWにも当てはまるかと。

でもって、セダンも実はデザイン・コンシャス。
特に太いCピラーからトランク辺りの面の張りと線の切り方はお見事。

DSC00681.jpg

どうしてコレ、日本車に出来ないのかな?(笑)

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/08/23(火) 22:05:27|
  2. クルマ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「プジョー・RCZ」に乗ってきました。 | ホーム | 「絶対可憐チルドレン・イラストカード」届いた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://midmaxheadroom.blog70.fc2.com/tb.php/1296-d9b9f72d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

当ブログはリンクフリーです。よろしければバナー画像をお使い下さい。

松楠ーHEADROOM

松楠 御堂

Author:松楠 御堂
HA-HA-HA-!!
This is "OBAKA" Blog 
Comic and etc...
S-S-Start Here !! 
Prodused By
[GOKURAKU-Creation]

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

フリーエリア

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

商品一覧

メールフォーム

松楠ーHEADROOM

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

Monthly Archives

FC2カウンター

blogram投票ボタン